宮地 悟史

自らに恥じない社会に貢献できるエンジニアリング事業を
~まちづくり×建築×環境の確かな専門性とコミュニケーション/チームワークを重視して仕事に取り組む~

コンサルタント・研究員とは
実現を支える黒子である。
環境エンジニアリング事業本部
設計支援グループ
宮地 悟史
2015年入社
大学院 理工学研究科建設工学専攻(修士)
入社後の主要業務

1年目
優良建築物等整備事業(A市)(前配属:サスティナビリティ・デザイン事業本部まちづくり・社会システムチーム)
2年目
地域振興ビジョン検討業務(B市)(同上)
3年目
グランドデザイン策定業務(C市)(同上)
4年目
情報発信拠点整備工事(国)(現配属)

当社への志望理由は?

まちづくりに関わりたかったからです。大学、大学院で建築を学んできましたが、建築だけではまちの課題を解決できないのではないかと考えていました。建築家が活躍できるのは建築を取り囲む前提条件が整った後なので、そういった前提条件も含めて検討し、貢献できるような仕事が良いなと考えていました。就職先として自治体も考えましたが、部署異動があるので、コンサルタントであれば自分の関心領域に長く付き合っていけるのではと。研究室の先生に相談し、面白い提案をしている会社のひとつがエックス都市研究所でした。
入社後に改めて実感しましたが、不動産会社や設計事務所と違って、建築の前段階から関わって、建物をつくらない提案もできるのが当社のいいところだと考えています。

所属組織を紹介してください

現在私は環境エンジニアリング事業本部に所属していますが、チームワークがよくて、ひとつの共同体という感じです。上司とよく飲んだり、出張先で食事をしたり、現場近くのキャンプ場でキャンプをしたこともあります。他部署から異動してきましたが、分け隔てなく接して頂いています。
ごみ処理施設はいわゆる嫌悪施設(NIMBY: Not In My Back Yard)と言われるものですが、ある関東の自治体がごみ焼却施設を街の中心に作ったりするなど、実は地域に貢献できる施設だと考えています。そんな逆転の発想をまちづくり視点で提案できるのが環境エンジニアリング事業本部の強みではないかと考えています。

現在の仕事内容を教えてください

主に廃棄物処分場・中間処理施設の設計施工をしています。施設そのものを作るための仕事になります。設計、認可取得のための申請行為も含めて行っています。私は建築担当補佐役として現場をまわしています。具体的には、施工監理の検査や必要な数値を集める作業をしています。
主なクライアントは自治体、環境省になります。ちなみに仕事中の服装は私服が6、作業服が3、スーツが1の割合です。

特に思い出に残っている業務を教えてください

現在所属の環境エンジニアリング事業本部ですと異動したばかりで2年目ですが、国事業の情報発信拠点の整備のお手伝いを行いました。実際に申請を行う段階から、施工中の立ち合いなどを行い、自分で描いていた図面が実際に建っていく様子を見るのは、とてもワクワクしました。
以前所属していたサスティナビリティ・デザイン事業本部まちづくり・社会システムチーム時代の仕事では、A市優良建築物等整備事業が印象に残っています。良い建築物の建て替えは市が補助をしようという事業で、入社1年目に関わりました。上司に咤激励されながら関わったので、余計思い出深いです。実際現在2棟くらい建て替えが実現しており、それがまちにインパクトを与えているというのが分かるのがうれしいですね。また完成したら見に行きたいと思っています。

仕事のやりがいは?

自分自身に恥じない仕事ができるということです。一般には仕事として後ろめたい様な話もあると友達との話などで感じる事もありますが、当社の業務は社会に貢献できていると実感しています。また、いろんな場所に行っていろんな人に関われることも魅力ですね。計画段階の仕事が多い当社ですが、特に現在の所属部署では、実際に建物が建つのを見られるのもやりがいを感じます。

将来的な目標を教えてください

当社は一級建築士事務所でもありますが、私も早く一級建築士になり、将来的には一級建築士事務所としての看板を私が背負っていこうという自負はあります。
また、ありきたりな言い方ですが、ただ建物を作るだけでなく、地域振興に貢献できる人になりたいと考えています。

入社前と入社後のギャップはありましたか?

悪い方のギャップから言うと、入社前はもっとひとつの地域に継続して関わっていけると考えていましたが、基本的には単年度契約のため、業務が終わるとつながりが途切れてしまうことが残念に感じました。ただ、いくつかの自治体の職員とは、業務が終了して担当者が異動しても付き合いが続いています。
入社後にびっくりしたのは、お花見ですね。入社式直後に昼間から会社近くの神田川にお花見に連れていかれたのにはちょっと驚きましたが、すぐに皆さんとなじむことができました。実は入社前日に風邪をひいていて、いつもより飲めなかったのを今思い出しました(笑)。

仕事上の失敗を教えてください

クライアントに対して失敗したことは、ほとんどないです。なぜなら、必ず事前に上司に見てもらっているからです。失敗してしまっても社内で解決してクライアントには迷惑をおかけしないよう、常に上司に報告をするというのが重要だと思っています。
経験上、1,2年目は業務管理の仕方がつかめず、つらいと感じるかもしれません。私の場合、特に上司が目指すイメージに追いつけず苦労しました。教えられたことは、早めに全体の枠組みを作って確認を取ることです。細かい中身に入り込んで時間を浪費しないよう、この部分はこういう方向性でこの程度の分量を書いていく、といった概略を先に配置していくのです。こういった作業法は学生時代には考えていませんでした。

プライベートは何をしていますか?

子供がいるので、平日は遅くとも19時から20時には帰るようにしています。休日も子どもと過ごしていますね。
同期と仲が良く、頻繁に飲み会やBBQをしていました。旅行にも行きました。同期との飲み会で酔っていたのにおだてられ、スケートボードに乗って転んで骨折してしまい、異動直前に入院したのも今となっては良い思い出です(苦笑)。

学生時代にやっておけばよかったことはありますか?

時間があるうちにもっと海外に行って、好きな建築物を見るなど、もっと知見を広めておけばよかったと思います。

学生時代の趣味を教えてください

建築一色でした。サークルも建築関連。旅行先も建築を見に行っていました。好きな建築はいろいろありますが、会社近くなら丹下健三さん設計の東京カテドラル聖マリア大聖堂(カトリック関口教会)ですね。

内定者インタビュアーの感想:

大学では建築を専攻し、現在も建築担当補佐として情熱を持って環境とまちづくりに携わる宮地さん。過去に自身が構築に携わったまちづくり制度を使っている自治体を見ることができるなど、「現場に入って社会を前に進めていける」ことがやりがいと語る。ごみ処理施設は嫌悪施設として扱われることが多いが、まちの中の焼却施設のように、見方を変えることでポジティブに融合することができる。そのような良い社会的インパクトを具現化していくために、まちづくり×建築×環境の確かな専門性とコミュニケーション/チームワークを重視して仕事に取り組む真摯さをインタビューから感じ取ることができた。

社員インタビュー
目次へ戻る